読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

成人式についての報道を見て新成人が低年齢化しているのではないかと感じたこと

 記事を紹介するまでもなく、もう何年も前から成人の日になると「大荒れ成人式」とかっていうのが報道される。特にテレビでかな。
 もうネタだよね。おもしろほのぼのニュースみたいな扱いになってる。
 新成人のやんちゃな子たちもそれを見て「俺も俺も」となって、毎年同じことの繰り返しになっていくわけで、まあ風物詩っぽくなってきているわけだ。
 
 俺ももう成人式の倍以上生きてきていて、俺の成人式なんてのはつまり20年以上昔の話なので今の成人式とは違ったよな、みたいなスタンスで話しようと思うわけよ。

 なあ新成人たち。
 おめでとうございます。
 もう人前で堂々と酒もタバコもOKだし、選挙権もあるしな。いいことだらけだな。
 なにより、君たちのご両親や両祖父母、兄弟姉妹や親戚たちもみんな君たちを祝っている。ほんとうにおめでたいことだ。

 俺も日頃高校生や大学生と接する機会が少しあって、成人式前後のみなさんが日々楽しかったり真面目や不まじめに過ごしている姿を眺めながらまあ、おめでたいなあと思っています。

 俺ね、思うんですよ。成人式ってなにがめでたいのかっていうね。本当にめでたいのかってことなんですけど。
 いやそれはめでたいんですよ。お祭りです。「大人」になったということの式典なわけですから、それはめでたい。
 そのお祭りはただめでたいだけではなくて、これを機に責任を持って自分や家族や社会のために生きていかなければならないという、そういう区切りなわけです。
 だから、大人たちとしては、おめでとう。ただ、これからはもう一人の大人として扱うから、しっかりと物事を考えて、行動しなさい、というメッセージもこめているわけだ。

 大きなお世話だし俺はそんなもん望んでない勝手にやるな、と思うのかもしれない。
 そう思っていいのは19歳までなんだよ。これは社会の決めたルールだ。
 20歳をもって成人とする。成人になったら責任ある一人の人間として生きていかなければならない。
 これはルールなのだ。19年間、そのルールに守られて生きてきた君たちは、これからは後輩たちを守っていかなければならないのだ。
 「ふざけんなよ」と言いたいかもしれない。しかしこれからはそんな物言いは通用しないからな、という、ルールだ。 

 社会としては、一人の成人が増えたということは喜ばしい。生産能力が向上するし、社会を豊かにする一員が増えたことを意味するし、やわらかく言えば、仲間が一人増えたことになる。だからめでたいのだ。
 19年間大切に育てた未成年が、無事成人してくれた、ということはとてもめでたいのだ。
 だからお祝いするのだ。
 当然結婚して子供を授かって、社会を明るくしてもらいたい。穏やかで和やかな家庭を築いてもらいたい。そういうメッセージも含んでいる。

 そういう意味でめでたいものであって、それを記念した式典であるから、晴れ着をきて出席するし、自治体としても正式な催しを用意して、首長が祝辞を述べるのだ。
 昔はどうだったかわからないのだが、どうやら今、一部の式典で場外乱闘のみならず、市長の祝辞最中にステージに乱入する出席者がいたりするようで、それがまたそう珍しくないほどのことになってきているようだ。
 式場外に目を向ければ晴れ着もきちんと着られないような未熟な新成人たちがたくさんいる会場もあるらしい。

 そういう光景をテレビが流していてぼんやりながめていたら、なにか懐かしい思いがした。
 そういうの、昔も見たことある。聞いたことある。なにかどこか懐かしい感じ。
 そうあれは。卒業式だ。

 最近、尾崎豊の歌を練習している。その歌手のことは好きではなかったけど、歌いやすいこともあって学生時代よく歌っていた。
 その歌の世界に似ている。
 制服を改造したり、派手な髪型をしたり、すなわち極端に校則違反をしているような生徒たちが、卒業式で暴れる姿だ。
 制服をまともに着ることもできないし、卒業式という、ほんの数時間のめでたい式で大人しく座っていることもできないやつらが、なんだか暴れている。多くの真面目な、いわゆる普通のせいとたちの邪魔をする。その家族の感動すら奪ってゆく。情けない姿だ。
 そんな奴らの姿と、成人式で暴れる人たちの姿が重なって見えた。

 そうかこれは、成人式ではない。卒業式なんだ。
 20にもなってまだ彼らは、高校、いや、中学校の卒業生並みの心しか持っていないのかもしれない。
 そんなことを感じだ。
 これは、由々しき事態だと思った。
 こんなことでこの国の未来は大丈夫なのか。18歳に選挙権を与えて大丈夫なのか。そんな不安を覚えた。嘘だ。そんな大きなことは考えやしなかった。「バカだなこいつら」それしか感想がない。テレビもそんな奴らのことはほっといて、まじめに頑張ろうと思いを新たにしている新成人でも取材して流してもらいたいものだ。

 これから新成人になる人達にはどうぞ、バカなことは子供のうちに済ませておいて、成人式を迎える頃には、「式典では大人しくすわっている」ことや「晴れ着は色々な世代の人が見ても奇抜ではない程度にきちんと着る」ことなどを学んでおいてもらいたい。

 人に迷惑をかけないこと。それくらいのことはしようぜ。な。