読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

結婚式はやった方がいいと思う(披露宴はまた別)

 読みました。

 俺は結婚式「やろうぜ」と思う派です。ただし、披露宴は「どっちでもいい」と思います。

www.sekaihaasobiba.com

 

 まあね、今大体結婚式と披露宴てセットでやりますわね。

 んで、親族や親しい友人以外(会社関係や友人)は、結婚式が終わって披露宴から呼ばれることも多いんじゃないですかね。

 なので結婚式と披露宴はわけて考えたほうがいいと思うんですよ。

 俺はサラリーマン時代も超絶ブラックの地方の零細企業だったので、会社関係の披露宴に呼ばれたこととかないし、今の業界も結婚式とか披露宴とか呼ばれることもないんですよねー。独身も多いしなあ。

 だから頻繁に「行きたくもない披露宴に行かされる」こともないのでこんなことがいえるのかとも思うんですが。

 

 俺自身の結婚式、披露宴については昔書いたものがあります。

 

俺流節約結婚式プログラム - 道ログ2

 

 そこで、披露宴てなんだろう。なんで披露宴なんてやるんだろう、ということについて書きましたけど、

 

 

披露宴て言うのは、両家の親戚同士の前で「私たち結婚しました」=家族になりました つまり親戚が増えましたっていうことを報告する場であり、また、新しく親戚となった方はこの人であり、さらにその家族親族はこれらですっていう紹介も兼ねてのことなんだって思った。

俺流節約結婚式プログラム - 道ログ2

 

 んで、どういう風にしたかっていうと、俺はこんな風に考えて、披露宴を作りました。

 

自分の結婚した相手がこんな人なんです、これから大人の仲間入りして親戚の中でも色々とお世話になりますっていう際に、「新しい旦那さん(お嫁さん)はどんな人なの?」って知るためには、その友人に聞いてもらうのが一番だと思ったからだ。 俺たちはこんな人たちに囲まれて成長してきました。って、親しい友人を紹介することで相手方の親戚への自己紹介になるんじゃないか、って思ったんだ。

俺流節約結婚式プログラム - 道ログ2

 

 こんな感じです。

 だから、普段付き合いのある親戚や世話になっている人の披露宴に招待してもらうのは嬉しいことだし、可能な限り出席してあげるべきだと思うし、友人としても、仲の良い大切な友人であれば、祝福に駆けつけてあげるべきだと思ってます。

 

 こんな風に思っているからこそ、「なんとなくやる」ような披露宴は、やらなきゃいいのに、と思うんです。そして、行かなくていいんじゃね、と思うんです。

 なんで披露宴やるの。って、招待する側はきちんと考えて、自分なりの理由でいいから持った上で、招待するべきだと思うんですよね。意識高い風に言えば「コンセプトをしっかり持って」披露宴すべきなんですよ。

 そうでないなら、やらんでいいです。

 招待され側も、どーでもいい相手なら勇気をもって断ろう。親戚の披露宴などはそう多くないだろうけど、友人となると年齢的に重なる時期もあろう。その友人はほんとに大切な友人だろうか。家族を持った後も付き合っていきたいだろうか、それくらい考えて出欠を決めていいんじゃなかろうか。と思ったりします。

 仕事関係の付き合いでたくさん呼ばれるほどの人であれば、それはそれで交際費であきらめてしまうという手段もあります。そのへんのことはよくわかりません。お財布と仕事と相談してくださいごめんなさい。

 

 ただし。

 結婚式はやろう。招待者などいなくていい。家族だけでもいい。二人だけでもいい。

 結婚式はやるべきだ。結婚というのは大切なことなんだ。人生でそうあることじゃない(できれば一度きりがいい)。他人同士がもっとも近い家族になるのだ。人間の意志によって決断する、おそらくもっとm大きな決断だと思うのです。

 ですから、信仰のある人はその神様なりの御前にて。または逆に信仰によって、人々に対して「愛を誓う」ことが大切なのです。

 

 つらいことがあったとき、不仲になりかけたとき、なぜこの人と一緒にいなければならないのかと悩んだとき、

「あの日私たちは神様の前で夫婦になったのだ。神様と約束をしたのだ」

 という事実は、大きな勇気になるのです。

 だから是非、形はどうであれ、結婚式という儀式は、大切にしていただきたい、と思います。