読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

「俺ってさ、忙しい時には仕事はかどるんだよね」という人へ

 お疲れ様です。七夕なんですがいかがお過ごしですか。
 七夕といえば学生時代に思い出があります。ある日友人のK君とラーメンを食べに行くとその日は七夕で、店員さんが短冊を差し出して、「よかったらお店の笹に吊すので願い事を書いてください」と言いました。
 するとKくんが「ドーケイの恋が叶いますように」と、当時プロ片思いニストだった俺の恋の成就を願ってくれたのです。
 俺は感動したので「Kの願いが叶いますように」と願い事を書きました。
 そんな思い出です。

 さて表題の件ですが。
 6月ちょっと忙しかったんですよね。週末ごとになんかしら用があって、県外にいる時間が長かったような気がしてます。
 平日は平日でその分色々あったりして。
 それが終わったら7月に入って今週結構暇なんですよ。
 で、あれもしたいこれもしたいっていうことが公私ともにありまして。
 以前から買いたかったものを探したり選んだりすることもできたし、また、新しいお仕事についての準備をしたりということもできているんですけれども、それにしても、それらがすげーはかどらないんですよ。一つ終わるのに2日とか3日とかかかる始末で。
 その一つ一つはけっこう簡単なものだし、やり始めたら一時間もかかるかどうかの作業なのに、ですよ。
 こんなの忙しくて時間のない時なら一瞬で終わりにしてるぜ、っていう作業なわけですよね。

 キーボード買ったりカラーボックス買ってきて仕事スペースの模様がえしたりとか、プレゼン用にタイマー、メトロノーム、ライトを準備したり、あとはまあ、原稿を書いたりですよ。
 こんなの時間に追われてる時ならすぐに終わるものばかりだぜ。と我ながら思ってですね。

「あー俺って忙しい時には仕事早いけど、暇な時ってのはほんと仕事はかどらない人間だな」

 などと考えたわけです。
 しかし待てよと。ソレは違うぞ。と。
 それは、暇な時にはかどらないのではないし、忙しい時に集中して取り組めているわけではないです。

「暇な時にちゃんとやらないから忙しい状況が出来上がって、そうなってようやくギリギリで仕上げる」

 ということを繰り返しているだけにすぎないぞ。と。
 特に忙しいわけでもないのに、自分のせいで忙しい状況を作り出して忙しい振り(ツラ)してるわけですよ。どうしょもねえなと。
 普段からちゃんと早い段階で仕上げていれば、いつでも余裕のある暮らしができるわけです。
 それはつまり、一つ一つの作業の質を高めることに直結するわけなんですけど、それができないのでこのような人間性で生きていますごめんなさい。

 そんなわけで。忙しいと集中してできるんだけどなー。とかすっとぼけたことを言っている人がいたら、送ります。

「それ、あんたが仕事後回しにしてるから仕事がたまって忙しくなってるだけやで」