読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

ファミリーレストランいくつか

ぐんま 食べ物

 あんまり外食しない。
 というか、食べることにそれほど興味がないのだと思いますこんにちは。
 最近、というかつまり、4月以降基本的にお昼を食べていないです。4月〜6月の3か月間は大教会にいたわけで、それは「昼食抜き」というのはルールでした。食べようと思えば食べられたし、出してもらったりしたものを「ルールですから」と言って断るようなこともしませんでしたが、基本的には昼食は食べないという生活でした。
 それでもって毎日自転車(ママチャリ)で20km以上走ったりしていたものですから7キロ近く痩せまして、太る前の体重に戻ったりしました。
 で、その3ヶ月が終わって大都会群馬に帰ってきてからもそのスタイルは続けようと思いました。理由はいくつかあるんですけど、主な理由としては、昼食の時間にとらわれなくて済むということです。
 お昼ご飯を食べるとなると、どうしても12時前後に食事の時間を設けなくてはならないし、家にいれば家人が昼食の支度などをしなければなりませんし外にいればどこで食べるかということを考えたりしなければなりません。もちろん一度家に帰るという選択もあります。
 仕事が忙しい時期なら仕事を一段落させなければなりません。

 お昼を食べないという生活なら、そういう煩わしいことから解放されます。ただ、世間は12時といえば昼休みですし昼食中でしょうから相手のある仕事の場合ははかどらないことになりますが、例えばその時間に移動をするなりすると非常に時間の使い方が楽になります。

 もう一つは、何を食べるか考えなくていいということです。
 お昼は基本的に一人で食べることが多いと思うのですが、毎日何を食べるか考えて決めて準備するのはかなり面倒くさいです。

 幸い、日頃それほど身体を酷使するような生活ではないためそういうことができるのだと思いますから、ライフハック的に「お昼抜き生活」をオススメはしません。けして。

 ただ、楽です。とだけは言っておきます。
 よく、「修行的に?」みたいなことを思われたりしますし、そう言っておくほうがカッコウつくし楽なんですけど、全くそうではありません。もちろんお腹すいてたらなにか食べますし、目の前にお菓子やパンとかあったら普通に食べます。この「ちょっとつまむ」程度で十分です。だから時間もコストもかからないんです。楽です。

 ということをある人とさりげなく話していたら「私もそうだわー」的な共感を得たことがありました。
 その人は俺より年上の女性でしたが、やはりお昼は基本食べなくて、なにかあったらつまむ程度。そのほうが面倒くさくなくていい、ということでした。なるほどそう言う人もやはりいるもんだなと感心したもんであります。

 で、ファミレスなんですけど、ローカルなファミレスに「フライングガーデン」てのがあって、なんだかんだ俺はそこがいいんじゃないかなーと思っているんです。ガストとかって結局高くつくので、単価的にはフライングガーデンと変わらないです。美味しいのがなによりだと思います。
 それだけ言いたくてエントリ書きました。
 あ。違う。こないだ、ステーキガスト初めて行ったんですよ。うちが行くことは一生ないだろうなと思っていたお店なんですけど、なにせうちは少食なので。子供もそんなに食べないし。それがなぜかステーキガスト行きました。
 BIGBOYも結構好きでよく行くんですけど、基本的なシステムは同じですよね。メインの料理を頼むと、ご飯、カレー、サラダ、デザートなどは食べ放題だということで。BIGBOYやはま寿司って、すき家を展開するゼンショーグループなのであまり利用したくないという気もしなくないんですが、家族が好きなのでなんとも言えません。あと華屋与兵衛もそうですかね。単価低いんですけど、量も少ないんですよねあそこは。だからうちなんかにはちょうどいいんでしょうけど、ボリューム感じたい人には物足りないんじゃないかな? なんて思っていますはい。
 ステーキがストの感想は、ええっと、いたってふつう? でした。これ以上ないくらいに、何も言うことがありません。お肉食べるなら、ガストよりステーキガストのがいいんじゃない? ぐらいかな? あと、お肉以外のメニューがないんですかね? パスタとか魚とか? うちの奥さんが軽いものが食べたいと言いながら肉しかなくて何も注文しないという珍事を働かせていました。

 というわけで、最寄りのファミリーレストランはこんな感じです