読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

電池は使い捨てか充電式かエネループかエボルタかそれとも

その他

 なんという久しぶりにエントリ書きましたと思ったらこんな話ですけど。
 我が家のWiiリモコンは3台あるんですけど。けっこーすぐに電池なくなる。いつもドンキとかで安い電池買ってきては入れてるわけなので、早くなくなってしまうことに文句は言えない。
 ある日「電池なくなったから買ってこい」と息子(11)に言われ、ドンキに出かけたときふっと思った。「こんなしょっちゅう電池買うならいっそのことエネループとかいう、充電できるタイプの電池をーー多少高価であってもーー買ったほうが楽だしコストも低く抑えられるのではないか」と。

 そんで家電売り場で見てみたら、エネループとかエボルタとかその他とかなんかいろいろあった。わけがわからんし、けっこう高い。

 Wiiリモコンには単三電池が2本入る。それが3台あるということなので、常に6本は装着されている状態であって、さらに予備として最低でも4本、実用を考えれば6本は必要である。すると、充電器と電池12本、これは結構なお値段になる。おそらく5000円以上はする。いや、7000円はかかると思う。しかもエネループとかエネループライトとかエボルタとか、まてよ三洋電機ってパナソニックになったんじゃなかったっけなんでエネループもエボルタも両方売ってるんだエネループって売れ残りかこれその割にたけーじゃねえかわけわかんねえぞこれ
 などと途方に暮れ、俺は友人がやっているパナソニックの電気屋に足を向けた

 結論として、もうしばらくうちは使い捨ての乾電池を使用することにした。充電するタイプの乾電池はエネループもエボルタも買わなかった。

 俺がわかったことは以下

1、エネループもエボルタも現行商品としてパナソニックが販売している。
 ただし、ホームページを見る限り、ほとんど同じ商品にしか見えない。いずれは1本化するんでしょう?

2、エネループ、エボルタは購入した時点で充電されているというのがけっこーなウリ。
 確かに「電池がなくなっちゃった」となって電池を買う人に「充電してから使ってください」なんていう高い電池が売れるはずがない。ただ、そのウリは、長期的にコストを考えていた俺にとっては響くものではなかった。

3、マメにきちんと充電して、充電済のものと使用済のものを管理できるような性格でなければオススメされない
 この時点で俺を含む我が家には充電式乾電池の入り込む隙間はほぼなくなった。なにせ現状でも未使用電池と使用済電池が混在していることもあるからだ

4、電気屋の友人も、使い捨て電池を主流で使っていた
 もちろん充電式も持ってはいるが、なんだかんだ(慣習もあって)使い捨てを使用している、ということだった。

 
 そんなことがわかった。
 総合すると、少なくとも、利益度外視で付き合ってくれている電気屋さん(パナソニックのお店)が「充電式の方がいいよ。色々込で安いよ」とオススメしてくれる段階ではなかったということで、今回は充電式乾電池の購入は見送りました。
 使い捨て乾電池の使用済品(ゴミ)という観点も持ってましたけど、それって近所の公民館(図書館でもある)でいつでも捨てられるし、その電気屋さんでも引き取ってくれるので、それは我が家にとっては大きな問題ではありませんでした。

 あ。あともう一点。

 ゲーム機などの機器(ハード)は、電圧にうるさいので、電圧が一定を下回るとすぐに電池切れということになるそうで、電池そのものの容量が空になったわけではないということも聞いてきました。
 たとえばゲーム機で容量切れとなった電池も、テレビのリモコンに入れると長期間使えたりとか、そんなことがあるそうです。
 そんなことも考えるとまあ、Wiiリモコンで使い終わった電池を他にも使ったりすればいいかなー、なんて思って、使い捨て乾電池を使っています。はい。