読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

震災の日

日記

 今月も天理に来ています。パソコンなくて更新ができないなーと思ってたんですが、やっぱり今日は書こうと。
 今日どんな日だった? と聞かれれば、いつも通りの日でした。
 ここが関西だからなのか、俺が無頓着だからか、テレビを一切見ないしネットもあまり見てないからなのかはよく分かりませんが、なんの変哲もない一日でした。
 もちろん、あの大災害から2年経った日だからといって、なにかが起きるとも思ってないです。

 2年前はまだ、実家に住んでいなくて、3月いっぱいで実家に引っ越す予定だったので、そろそろ段々荷物を運んで行かなければ、と思っていました。
 約10年暮らした、古くてボロい家でしたが、周囲の皆さんの暖かい気持ちとご理解の賜物のような家でした。
 色々なことがあって、正直恥ずかしくて人には言えない10年でしたが、とにかく俺たちはその家にさよならをする準備をしていました。

 そんな時期でした。
 地震があって、家族は無事でした。幸い直接の知り合いで大きな被害にあった人はいませんでした。実家の屋根瓦が落ちました。ガソリンが手に入らなくなりました。計画停電がありました。毎日、緊急地震速報が出されました。大きな余震が何度もありました。原発事故の影響で、群馬でも一部農作物に出荷自粛要請が出されました。NHKは朝から晩まで震災関連の情報を流しました。

 俺は、何をしただろう。
 家族が混乱しないようにするだけで精一杯で、なにも、できなかったです。
 ガソリンがない中、引越しの荷物をどうやって運ぶか、そんなことばかり考えていました。
 家に募金箱を置いて、天理教内の義援金を募り、寄付しました。それくらいしかできませんでした。

 今、そんなことしか考えられませんでした。他に書くことが思い当たりませんでした。
 あ。毎年この日は、防災の日と定めて、非常持ち出し袋の中身の点検と、非常食の試食大会をしようと思ってたんだ。この日に非常食を新しく調達して、一年前のものを食べて、ということをしようと思ってたんですが、家にいないのでできません。今月中にやろうと思います。

 そして、まだまだ復興へは程遠い、東北などの被災地に、遠くないうちにお手伝いに行きたいと思ってます。
 何も出来ませんけど、行きたいと思ってます。

 そんなところです。
 どうぞよろしくお願いします。