読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

THE・選挙 2012

 いやー。自民圧勝。
 
 あまり嬉しくないんですが。今回は自民党に頑張ってもらうしかないと思っていた選挙だったんですけれど。
 片山さつきツイッター発言に始まる、憲法に対する意識の違いがどうしても、どうしても自民を支持したくない理由。
 あとあれだよ、親学。親学だけは許せねえ。安倍はその親学の親玉だろう。ほんとにダメだあれは

  親学についてはこのへんでちょっと書いています

 今回は改憲案については大きな争点ではないと思っているのでいちおーは自民支持します。ただ、どうせならもいっかい総裁選からやり直したらどうだろう。安倍ダメだ。

 今回の選挙結果を見てまず思ったのは

 「維新躍進したなー。あと未来wwww」

 ってとこ。一夜明けたら田中真紀子菅直人仙谷由人、などのなだたる顔ぶれが小選挙区落選したという笑いの止まらない事態が。
 あと、落選組では三宅雪子田中美絵子もww

 今後は自民党が馬鹿なことをしないかってことと、維新がいつ分裂するのか、また与党にすりすり擦り寄っていくのかってとこを見ていきたいな。橋下と石原はいつまで連携しているんだろうか。太陽の党www

 さて。
 有権者としてはまずは3年前の衆院選を反省しなければならない。
 あのとき民主党に投票してしまったことは深く反省して今回の選挙に臨んだわけで、結果民主は木っ端微塵で自民圧勝。
 前回は日本が変わるか、と期待はしたけれども、今回は何も期待してはいない。「取り戻す」と言われてもなにをどう取り戻すのかもわからないし。「変なことはするな」と願うばかり。
 政局が大きく変わっても、現実は大きく劇的に変わることはないというのは歴史が証明した。これは悪いことではない。日本の社会がある程度以上安定した状態にあることを意味するのだと思う。だからこそ、大きなことではないけれども大切なことをしっかりやってもらいたい。それはきっと、長年政権を担当してきた自民党にしかできないことだと思う。
 もし、自民党の、特に幹部が浮かれているようであれば、国民はすぐにでも支持を撤回するでしょう。わかったか片山、特にあんただ。
 野党を経験した自民党には期待してるんですよ。

 とりあえず三年前こんなこと言ってましたので反省も込めて

過去色々な選挙に出向いたが、今回ほど真剣に悩み、緊張する選挙は初めてだ。
もしかしたら大きな過ちを犯すかもしれない。
その時は子供たちに謝ろう。ごめんな。父ちゃんがあの時この人に一票を投じてしまったんだって。
そして日本が元気になったら、胸を張って言おう。

あの時この人を選んでよかった。ありがとう。

って。
  (旧・道ログ)