読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道ログ2

群馬県在住のおじさんがブログを書く

ガンガンメールはいいのか悪いのか。

ケータイ

 auの新しいロゴに「auハッピー?」ってのがある。「かわいいロゴだな」程度に思ってたのだけど、これあれか。「Are you happy?」とかけてるのか。相変わらず駄洒落好きだな。
 ちなみにauって「access to you」を文字ってauなんです。豆知識です。
 ガンガンメールですよ。見てみようとHP開いたらまあ重いこと重いこと。昔っからauのHPって重い。ADSLなめてんのか? って言いたくなるくらい重い。なので見るのやめました。

 先に言っちゃいます。「ガンガンメール」大したこと無いです。

 「ガンガンメール」って、つまりはEメールがタダになりますよって言うものです。
 au同士とか、そんなんじゃなく、相手が他社ケータイだろうがPCだろうが、Eメール送受信が無料になりますというもの。こりゃすげえ。と。

 最近では「指定通話定額」てのがあって、390円(税込)でauケータイへの通話を3件まで無料にしますよ、というものとか、パケット定額制が390円から始まる「ダブル定額スーパーライト」ってのとかがありました。これらは加入オプションと言われるもので、基本料金プランを選んだ上に、オプションとして追加するものです。
 ですが、この「ガンガンメール」とはそういう独立したオプションではありません。

 めんどくさいので以下はプランSSシンプル(税込980円、無料通話1050円付)を前提に話をします。

ケータイ料金の仕組みをおさらい

 つまり恋人同士とかで通話無料ケータイをもちたいと思った場合、980円の基本プランを選んで、そこにお互いの番号を「指定通話定額」で指定するということになり、980円の基本プラス390円のオプションで、1370円ということです。一人当たり。で、さらにEメールやWEBもしたいとなれば「EZWIN」というオプションに加入し、これが315円。さらにさらに、EメールやWEBけっこーするよね、という場合には通信料の割引サービスである「ダブル定額スーパーライト」に加入し390円、で、計2,075円になります。
 指定した相手以外への通話が1050円以内で、パケット通信料も無料通信料390円以内でおさまれば、月々の料金というのは一台2,075円です。ケータイの料金というのはこうして決まっていきます。

「ガンガンメール」にするには

 上記のように基本プランに追加するオプションではない「ガンガンメール」。ではどうすればEメールが無料になるのか。通常なら月額315円とか390円とかのオプションとしてガンガンメールを追加してEメールを無料にすると考えたくなりますが、今回はそうではない。
 じゃあなにか。「ガンガンメール」とは、新料金プラン「プランE」+「EZWIN」のことを言います。

 そうです。au、わざわざ新しい料金プランつくりやがりました。プランE。これまでプランSSで話を進めてきた俺涙目なんです。

じゃあ、プランEにとはなにか

 上ではプランSSシンプルを例にケータイ料金についておさらいしましたけど、他にもプランSやMやLやLLなどなどのプランだってもちろんあります。通話が多い人は高い基本料にして通話料の単価を下げるわけです。
 その中で一番安い基本プランってのが、プランSSシンプルの980円なんですが、このプランEシンプルは780円です。今までの最安プランより200円も安いんです。
 通話料はといえば、プランSSと同じく30秒21円です。おお。通話料が同じでプランSSより200円も安いなんてスバラシイ! と言いたいところですが、このプランE、無料通話がありません。
 プランSSシンプルより200円安く、無料通話が無い。この評価は人によって変わってくるところだと思います。
 で、本題の「ガンガンメール」にするにはこのプランEへの加入が必須条件だということです。

そのプランEとEZWINに加入するとEメールが無料になる

 780円のプランEにEZWIN315円のオプションを追加することでEメールが無料になるわけです。というか、EZWINに加入しなければ、無料も何も、Eメールができません。当然の成り行きです。
 しかもこれ、「ダブル定額スーパーライト」を含んだようななプランですので、ezwebの通信料は、どれだけ使っても4,410円以上にはなりません。そうです。390円のダブル定額スーパーライトの定額料が不要なのです。
 なお1パケットあたりの通信料は0.1円と、割引なしの半額となってます。
 なので、極端な例を挙げて月額の料金を比較してみます。

 +通話しない、Eメールだけのご利用の方
  プランEシンプル 780円
  EZWIN  315円
  合 計  1,295円 にてEメール限定し放題のケータイの出来上がりです。
 +従来のプランでEメールし放題にすると
  プランSSシンプル 980円
  EZWIN  315円
  ダブル定額上限額 4,410円
  合 計  5,705円 と比べると大きな違いですね。 これはすごい! ってちょっと待て。

 ほんとにEメールだけしか使わないような人ってそんなにいるのだろうか。4,410円も使うんだろうか。まあいるとしましょう。
 では次に、Eメールも沢山する。webもする。通話はしない。だから「ガンガンメール」にしよう、という場合、いくらでしょう。
 見てきたように基本料が200円も違うし、ダブル定額スーパーライトの390円も不要だし、けっこーやっぱり安くなるんじゃないの? 計算してみます。

 +通話しない、Eメールもezwebもけっこー使う。
  プランEシンプル 780円
  EZWIN  315円
  パケット通信上限額 4,410円
  合 計 5,505円。 ほら! て、あれ? そうなんです。ダブル定額スーパーライト定額料390円は不要ですが、パケット通信料に関しては上限額に達するまでは従量課金(使った分だけお金がかかる)なので、上限額まで利用すると4,410円が別途必要になります。

 ここがちょっと曲者で、ダブル定額スーパーライト単体で考えた際は390円から4,410円ですが、プランE(ガンガンメール)で考えた際は0円から4,410円なんです。誤解してしまいがちなのが「780円から4,410円」だと考えてしまいそうになるってことです。
 だったら、1,050円の無料通話をつけてプランSSのほうがいいや、って思う人は多いはずです。なぜなら、プランEは、ダブル定額ライトダブル定額に加入することができないからなんです。つまり、パケット通信の単価を下げることができないんです。

結局どっちがいいのか

 プランSSシンプルで1,050円無料通話を付けたほうがいいのか、無料通話がなくてもガンガンメールにしてEメールを無料にしたほうがいいのか、ということが結論求められますが、ぶっちゃけこれはケースバイケースです。
 この辺について考える人は細かい点を気にする人か逆に大雑把な人に分かれると思うんですけど、大雑把でいろいろ考えるのが面倒という人はガンガンメールにしといた方がいいです。あと、ほんとにezwebには接続しない人。もう、いっそのこと「ezweb利用制限」をかけなさい。またマイナーなオプションだな。でも脚光浴びるでしょうね。今後。この「ezweb利用制限」も。
 じゃあ、「ちょっとしかwebとか通話とかしない」人の場合、プランEとプランSSの戦いが始まります。もちろんこの際ダブル定額スーパーライトなしのケースです。
 細かい話になりますが「パケット割引サービス未加入の方の無料通話は、パケット通信料にも充当される」んです。プランSS(ダブル定額スーパーライトなし)の方の場合、通話+Eメール+ezwebの利用が1,050円以下の場合、980円なんです。
 仮にガンガンメールの人が、通話+ezwebで1,050円使った場合、780円+1,050円で1,830円となってしまいます。
 ね? 細かいでしょ?

最後に大切なこと

 長々と細かい話をしてきましたが、おそらくこれ一般の方が見ても意味わからないでしょうね。ある程度の知識が必要になっちゃいますよね。それもこれもauのせいです。
 さて、振り返ってもう一度「ガンガンメール」にするための条件をおさらいしてみましょう。
 
 プランE(シンプル) + EZWIN

 でしたね。
 ここまでお読みいただいた方の中でも「あれ? じゃ、俺ガンガンメールにできないの?」って思われ方がいらっしゃるかもしれません。お気づきでしょう。
 そうなんです、つまり、この「ガンガンメール」という、Eメール無料になるサービスなんですけど、言い換えると、

 通話をある程度以上する人は、Eメールが無料にならない

 んです。
 毎月料金沢山払っているにもかかわらず、Eメール無料にできないんです。
 だから、冒頭申し上げたように「たいしたことない」サービスだな、と。

 いっそのこと、無条件で誰でもEメール無料にしますくらいやったほうが、インパクトもあるし、相当なイメージアップにつながったと思うんですけど。どうしてこうなっちゃったんでしょう。